画像の説明

教材は本棚形式

あなたのパソコンが資格試験合格に役立つ教材の本棚に!
画像の説明

画像の説明

教材は本棚に並べています。
学習する教材を選択しクリックすると教材が開きます。
ネット講座、○×問題、過去問題を並べています。
○×問題、過去問題は10問単位でできていますので、ストレスなく教材を学習できるようにデザインされています。
試験によく出る問題を選択していますので、試験合格に役立てていただけます。

本棚の教材は合格に欠かすことの出来ないものばかり!

画像の説明
画像の説明

画像の説明

よく生徒から試験の合格に向けて「学習のポイントは?」「どこを覚えたらいいの?」と聞かれます。
試験にどこが出るか考えなくてもいいのです。
「学習のポイントは?」=過去問題
「どこを覚えたらいいの?」=過去問題
試験にどんな問題がよく出るのか尋ねているのだと思いますが、過去問題から多く試験に出るのです。
だったら迷うことなく過去問題をマスターしましょう?

画像の説明

不合格に終わった方は「私だって3年分ぐらいは過去問題をやりました」と反論するでしょう。
私が推奨する「過去問題徹底活用合格法」は、ただ3年分過去問題をやればいいというものではないのです。過去3年分を完璧にマスターすることが重要なのです。

画像の説明

生徒Aさんはこの学習法で合格できました。生徒Aさんはアルバイトなどで授業料や生活費を賄わないといけません。学習時間は限られていました。おのずと、実習科目には熱心でも、あまり基礎の試験科目の学習には熱心でないように思えました。担当科目以外の他の講師も、勉強してくれないといつも悩んでいました。私たち講師は、生徒Aさんを国家試験に合格させることが使命です。そこで、自分が資格試験対策で行った学習を生徒Aさんにさせることにしました。
それが「過去問題徹底活用合格法」です。まず、新学期に過去3年分の試験を1冊の本にして渡します。各学期の試験の際には「この冊子のここを問題に出すから90点以上を取りなさい」と言い渡します。範囲が決まっていますし、問題がわかっているので試験までにしっかり勉強してくれます。すると9割を超える点数を取ってくれました。=過去3年分を完璧に完璧にマスターする→いい点数が取れると自分の得意科目と思ってくれるようですで、授業も楽でした。卒業前の模擬試験をうけるころには合格点を取れる実力をつけてくれました。よくがんばってくれた生徒Aさんには感謝しています。

画像の説明
この経験から、試験に出る大切なところをしっかり覚えることが試験合格の早道と自信をつけました。
画像の説明
画像の説明

画像の説明
講義、正解文章などを繰り返し耳と目から確認していきます。自然に覚えますので、まずは繰り返し教材に触れましょう。
画像の説明
画像の説明
過去問題から一問一答問題を作成しています。ステップ1を終了した単元ごとに、問題を解いていきましょう。もちろん間違ったときには確認の解説を準備しています。
画像の説明

画像の説明
実際の出題形式で問題を解きます。模擬試験と思い真剣に問題にチャレンジし合格点がとれたら大丈夫です。
画像の説明
画像の説明

画像の説明
↑バーナーをクリックしてください。教材の使用動画を準備しています!
画像の説明

画像の説明←クリックしてください。サンプルをみることができます。テキストは覚えておいてもらいたい項目を集めています。文章の表示、音声での読み上げで記憶しやすく編集しています。1講座は約5分ほどの短編でできています。3回ほど繰り返すとしっかり覚えることができます。

画像の説明

画像の説明←クリックしてください。サンプルをみることができます。○×問題は、過去問題、予想問題、基礎的な内容でおさえてもらいたい内容を確実に身につけていただけるように作成しています。間違ったらすぐに解説を読んでください。問題は10問1単位で集めています。10問間違わなくなったものは飛ばしていくことで、短期間で合格できる実力が付きます。

画像の説明

画像の説明←クリックしてください。サンプルをみることができます。実際の試験を想定した問題になっています。選択問題は出題される問題の文言に注意が必要で、一見正しい文章に見えてもひっかけ問題になっていることがあります。ここでは試験問題になれることが大切です。試験は実力だけでは合格できません。出題者の意図をどう理解するかが大切です。過去問題を繰り返すとケアレスミスを防ぐことが出来ます。