画像の説明

上野和夫の資格合格学習室には、現在11の資格の教材が並べられています!

入会金は無料、年会費は3000円、年会費以外の費用は一切かかりません。
入会はすぐ、会費は郵便振替用紙をお送りますので、お支払いをお願いします。

1.調理師

画像の説明

調理師のお仕事

名称独占資格。「調理師」とは、調理師の名称を用いて調理の業務に従事することができる者として都道府県知事の免許を受けた者をいいます。
食品の栄養、衛生、食中毒、適切な調理法など関連分野の幅広い知識を持っていることを証明されます。また、調理師は講習会を受講しなくても食品衛生責任者になることができます。

2.登録販売者

画像の説明

登録販売者のお仕事

登録販売者は、薬剤師とならびドラッグストアや薬局などで一般用医薬品を販売するお仕事です。
これまで薬剤師にしかできなかったことも、登録販売者がいると、一般医薬品の多くを占める第2類・第3類の販売ができるため、企業は大きな戦力になります!また、薬剤師よりも人件費が抑えられることから、企業から優遇されるケースも。高齢化社会を向かえ、今後新たな医薬品販売のスペシャリストとして、さらに注目されてくると言えます!

3.介護支援専門員(ケアマネジャー)

画像の説明

介護支援専門員のお仕事

ケアマネージャーは介護を必要とする人の相談に応じ、その人に適した居宅サービスや施設を使うことができるように介護のサービスについて計画を立てます。
また、その計画に基づき福祉業者と調整を行う架け橋的な存在です。
高齢化社会において、非常に重要な役割を担うものとなりますのでぜひとも取得したい福祉資格です。
介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、実務の研修を受けていることが受験資格となります。

4.介護福祉士

画像の説明

介護福祉士のお仕事

介護福祉士は介護福祉の分野の資格で唯一の国家資格となっています。
別名ケアワーカーとも呼ばれています。
生活をする上で介護が必要な人が日常生活を送るための補助をする仕事です。
介護を必要とする人が社会生活で自立するために手助けを行う仕事でもあります。
高齢化社会の現在、介護福祉士の需要は非常に高まっています。

5.社会福祉士

画像の説明

社会福祉士のお仕事

高齢者や身体障害者などの福祉についての相談に応じる相談役、それが社会福祉士です。
高齢化などで福祉が重要視される今日さらに需要が高まると言われています。
高齢者や障害者だけでなく、児童に関する相談も行うので福祉全般の知識が必要となります。
この資格は非常に専門性の高い資格ですので下記の受験資格のように、何かしらの形で福祉について学習をしている事が必要となります。

6.福祉住環境コーディネーター2級

画像の説明

福祉住環境コーディネーターのお仕事

福祉住環境コーディネーターは高齢者などが生活しやすい住宅環境を作り上げていく資格です。
高齢化社会により身体の機能が低下した人でも快適に生活をするために医療や福祉の専門知識のある住宅のコーディネータが必要となりました。
2001年に厚生労働省より認められた資格です。
福祉・建築などの知識を複合して持ち合わせている必要があります。
これから高齢化社会になるにつれて重要度が増すと考えられています。

7.福祉住環境コーディネーター3級

画像の説明

福祉住環境コーディネーターのお仕事

福祉住環境コーディネーターは高齢者などが生活しやすい住宅環境を作り上げていく資格です。
高齢化社会により身体の機能が低下した人でも快適に生活をするために医療や福祉の専門知識のある住宅のコーディネータが必要となりました。
2001年に厚生労働省より認められた資格です。
福祉・建築などの知識を複合して持ち合わせている必要があります。
これから高齢化社会になるにつれて重要度が増すと考えられています。

8.第1種衛生管理者

画像の説明

第1種衛生管理者のお仕事

安衛法に規定された、労働条件、労働環境の衛生的改善と疾病の予防・処置等を担当し、事業場の衛生全般の管理をする管理者のことをいいます。
常時使用する労働者が、50人以上の事業場(ビル単位)では、「衛生管理者」を下表の人数のとおり選任の上、14日以内に所轄の労基署に選任届を提出しなければなりません。(安衛法12条)
衛生管理者を選任していない場合、産業医と同様に、50万円以下の罰金に処せられます。(安衛法第120条)

9.第2種衛生管理者

画像の説明

第2種衛生管理者のお仕事

安衛法に規定された、労働条件、労働環境の衛生的改善と疾病の予防・処置等を担当し、事業場の衛生全般の管理をする管理者のことをいいます。
常時使用する労働者が、50人以上の事業場(ビル単位)では、「衛生管理者」を下表の人数のとおり選任の上、14日以内に所轄の労基署に選任届を提出しなければなりません。(安衛法12条)
衛生管理者を選任していない場合、産業医と同様に、50万円以下の罰金に処せられます。(安衛法第120条)

10.美容師

画像の説明

美容師のお仕事

美容師は散髪、パーマなどの美容業を行なう上で必要な国家資格です。
美容師はもともと女性を対象としたパーマや結髪、化粧などを行い"容姿を美しくする"という目的で散髪などを行なうのですが、現在では男性客も美容院を訪れるようになっています。
資格の取得方法は美容師養成施設で2~3年間の課程を修了し、「財団法人理容師美容師試験研修センター」の行なう美容師国家試験に合格する事で資格取得できます。

11.管理栄養士

画像の説明

管理栄養士のお仕事

管理栄養士は栄養士の上級資格であり、栄養に関してより専門的な知識を証明する国家資格です。
管理栄養士は栄養士に比べより専門的な知識があることから栄養士以上に広い範囲で栄養についての指導を行なえる資格です。
栄養士として養成を受けた教育施設によって0~3年以上の実務経験が必要です。
資格の取得には、受験資格の条件を満たし「管理栄養士国家試験」に合格する事が必要です。

会員登録

会員登録 
年会費3000円(郵便振替用紙を送ります)